2017年

4月

05日

新鮮で温かみのあるもの

昭和59年に老僧が復活させてからは

 

以後、ひと月も休むことなく継続されている

 

月刊寺報『遍照輪』

 

僕が引き継いでからも10年以上になりますが

 

昨年辺りは

 

前年と同じ記事を使用することもありました(笑)

 

しかし、今年に入ってからは

 

積極的に書き換える様にしています。

 

ネットが進化するにつれて

 

手紙は廃れつつありましたが

 

ネットが進化しすぎて

 

逆に手紙が新鮮で

 

尚且つ、温かみのあるものに感じられませんか?

 

僕はそんな気がしています。

 

今月の『遍照輪』も

 

新しい記事を2つ書きました。

 

どうぞ、お楽しみに!

 

    リンク