2016年

10月

24日

真言宗の檀家としての誇りとプライド

県外から広島に引越されて来た

 

先祖代々、真言宗大覚寺派の檀家さんというご夫婦が

 

将来的な葬儀や法事のご依頼でお参りされました。

 

僕が大覚寺で修行したエピソードを

 

テレビで語っていたシーンを見てご来山されたとのことでした。

 

あれこれテレビに出た甲斐がありました(笑)

 

ただ、広島の方には分かりにくいかも知れませんが

 

基本的に、先祖代々真言宗の檀家さんという方達は

 

真言宗の檀家であることに誇りとプライドを持たれています。

 

伝統と格式の高い宗派に属しているという想いです。

 

ご縁あって『馬木大師・遍照寺』をお参りされている方も

 

どうか、そうした想いを持って下さい。

 

真言宗とはそういう宗派であると思います。

 

    リンク