2016年

2月

03日

【実力のある御守りを手放して生きる人生】

今日は「節分」の法要を行いました。

 

仏事的なことに関する人の動きは

 

まさに”縁”だと思っているので

 

”去る者は追わず来る者は拒まず”でしかありませんが

 

ただ、『馬木大師・遍照寺』の御守りは

 

全国的に見ても実力のある御守りだと思いますので

 

そうした御守りを

 

安易に手にして安易に手放しても良いものなのかなと

 

ある種の不安を感じてなりません。

 

【実力のある御守りを手放して生きる人生】

 

自分には想像つかないので。

 

【実力のある御守りを手放して生きる人生】

 

果たしてどんな人生になるのでしょうか。

 

    リンク