2011年

10月

01日

八丁堀の天満屋

八丁堀の天満屋が閉店するとの事ですが

 

生まれた時から八丁堀のあの場所は

 

天満屋として育ってきたので

 

何か寂しい気持ちです。

 

ただ、世の中のデパートの位置づけが

 

難しくなっている上に

 

そごう・福屋・三越と比較した時の位置づけも

 

はっきり見えませんでしたので

 

仕方がなかったといえば

 

仕方がなかったのかも知れません。

 

また、天満屋閉店後はヤマダ電機が入るようですが

 

何やらあの一帯は

 

ヤマダ電機とパルコのエリアになりそうな感じです。

 

だんだん広島も

 

地場や老舗の企業が横の繋がりだけでは

 

やっていけなくなってきましたね。

 

真に全てが生き残る方法。

 

もはや密教以外ありえません。

 

”各々が個性を磨き曼荼羅の如く輝くべし”

 

これこそが全ての答えです。

    リンク