2011年

8月

06日

広島も、ヒロシマも

被爆66年目の原爆の日。

 

当寺院も例年通り、午前8時15分から1分間の打鐘

 

13時の座では全ての霊位に供養を捧げました。

 

同内容をアメブロにも記しましたが

 

こういった形で、広島に住む人なら皆が大切に想う8月6日を

 

多くの広島の人達は日本全国そうであろうと考えがちですが

 

この日を県外で過ごせば、予想以上に関心が無い事に愕然と致します。

 

広島では語り継がれるヒロシマも

 

他府県や海外では忘れ去られつつあるのでしょうか。

 

今のままでは今のままでしかありません。

 

広島も、ヒロシマも、変化の時にあるのです。

    リンク