2011年

6月

21日

「三本の矢」

一本なら簡単に折れる。

 

二本なら強く力を入れれば折れる。

 

三本なら折れないというのが

 

広島の人なら誰でも知る

 

毛利元就の「三本の矢」のお話ですが

 

これを逆説的に考えれば

 

固くて強い「三本の矢」も

 

そのうちの一本を折ってしまえば

 

残りの二本もいずは折れるという事だと思います。

 

『馬木大師・遍照寺』では

 

《祈願・供養・加持》

 

流れを変える3本の柱と捉えております。

 

 

    リンク