2011年

6月

08日

《競争》

先日も広島経済レポートさんに取り上げて頂いた

 

『弘法市スタジアム広島』の女子学生販売員ユニット「KBS48」

 

(ご存知ない方は http://koubouichi-stadium.com をご覧下さい。)

 

勿論これは人気アイドルユニット「AKB48」のパロディーなのですが

 

この「AKB48」は、総選挙という名の人気投票を行い

 

その順位によって立ち位置・席位置まで決まるのですから

 

凄まじい《競争》を強いられているといえます。

 

日本人がいまだに復活を願う70年代・80年代の一億総中流階級時代。

 

しかしそれは、日本という国全体が

 

世界との《競争》に勝利していたからこそ成立した話です。

 

スローライフを説くお坊さんがベストセラー作家になる時代には

 

支持されないのかもしれませんが

 

《競争》の無い成長なんて、本当にあるんでしょうかね。

 

《競争》は人を追い詰めますか?

 

それは《競争》の勝負の仕方に問題があるだけでしょう。

 

正しく《競争》し正しく成長したいと私は思います。

    リンク