”井の中のおたまじゃくしは蛙になる事さえ知らず”

 ”井の中の蛙大海を知らず”とは

 

 井戸の中の蛙は大きな海を知らない

 

 という意味から

 

 自分の狭い知識にとらわれ

 

 物事の大局的な判断が出来ない 

 

 という諺ですが

 

 もう一つさかのぼれば

 

 ”井の中のおたまじゃくしは蛙になる事さえ知らず”

 

 と言えるのではないでしょうか。

 

 井戸の中のおたまじゃくしは

 

 将来自分が蛙になる事も

 

 知らないでしょう。

 

 世の中どころか

 

 自分の事さえ

 

 分からないのです。

 

 そんな知識を根拠にすれば

 

 日常の小さな判断さえ

 

 正確には出来ません。

 

 先ずは己を知る事です。

 

 そうすれば

 

 自らの愚かさと

 

 自らの可能性が

 

 見えてくる事でしょう。

 

    リンク