宗派によって全て同じというわけではありません。

 不要になったからと言われても

 

 馬木大師・遍照寺では

 

 他で作られた御守りの処分(抜魂作法)は致しません。

 

 御守りというものは

 

 その御守りを作った神社仏閣に返す。

 

 それ以外はあり得ないのです。

 

 そもそも御守りに入魂する作法は

 

 宗派によって全て同じというわけではありません。

 

 師匠から授かったものが全てであり

 

 抜魂する作法もまた

 

 師匠から授かったものが全てです。

 

 つまり、師匠が御守りに通じていなければ

 

 弟子が御守りに通じることもないのです。

 

 御守りの処分を簡単に引き受ける

 

 神社仏閣があるとするならば

 

 そもそもそこの御守りには

 

 入魂などされてはいないということでしょうね。    

    リンク